日本経済を動かすのはゲーム!?

日経平均株価は微妙ながらにも
前日をほんの少し上回り、
1万7,000円台を回復しました。

前日のNY時間がお休みだったことも響いているものの、
20-21日に開かれる日米の金融会合を見越してのことでしょう。

どうなるか凄く怖い気もしますが、
ワクワクしているのは私だけでしょうか?

株価で強めに出たのが、
ゲーム関連。

オリンピックの閉会式で安倍首相が
ゲームキャラのコスプレをしたのがまだ響いているのかと思いきや、
東京ゲームショウの影響でした。

これから日本経済を率いて行くのは、
アニメとゲームになりそうです。

でも現時点において、
日本経済の鍵となるのは日銀の動向。

黒田総裁はやる時は
思い切ったことをしでかしますからね。

どうなるか…。

自分のトレードルールを守るのがFX

人間って何事をやるにもその人のやり方ってあって、
その方が旨くいく場合があるようです。

これはFXトレードにも通じていきます。

FXトレードって、
今日や明日ですぐに旨く行かないのは分かっていますよね。

FXには、テクニカル分析が生かせていけるのですが、
予測をしていくための手段としては有効的です。

でも自分でどう運用していくかに掛かってきます。

テクニカル分析をしながら、
自分としての運用ルールを少しずつ固めていけると
FXの勝率は上がっていくのです。

FXをやっていくには、
経験値を生かしていって、
判断力をアップさせていかなければなりません。

勝ちパターンというか、
こういう場面では、
こうやると言う自分のトレードルールは、
必ず守っていかないとFXは前には行けないのです。

FXの勝率は5割なのに勝てないわけ

FXはペアとなる2つの国の
為替レートの変動によって決済していくので、
「売り」か「買い」かですから、
勝率は5割とはっきりしています。

低くても利益が確保できたところで決済すれば良いのに、
結果は負けに転じてしまうのが、現状ですよね。

そして勝率を上げていく手法に
「テクニカル分析」
「ファンダメンタル分析」を勉強して活用していっても、
必ず勝てるということがありえないのがFXです。

そしてFXとはゼロサムゲームですから、
稼ぐ人と稼がせた分だけ損をする人に分かれるのです。

ですから如何にして稼ぐ側に回れるかなのです。
そして負けている人には、共通のパターンがあることを
理解しておかないといけないのです。

勝てたのに負ける原因は、
売り買いのタイミングでの
損金へのリスクとリターンとして
勝率割合を堅実に考えていけなかったからだそうです。

損きりのタイミングが、
FXには重要大切となってくるのだそうです。

副収入にするためのFX勉強法

株式投資をする人は、
出資額に比例して利益がでてくるものですから、
お金に余裕がないとできないのです。

でもお小遣い程度のお金を使って
できるのがFXなのです。

FX会社にもよりますが、
1万円からでもできるので
気軽にできるメリットは大きいと言えます。

でも、FXを頑張って副収入となっている人もいますが、
どうすればそうなるのか私には羨ましい限りです。

そしてFXって一発勝負のギャンブルではないので、
トライ&エラーというか、売るタイミングを間違えて
失敗をした経験が次のトレードの時に役だっていかなければなりません。

でも失敗をするにしても如何に
少ない損金で済ませられるかとなってきますので、
レバレッジは少なめに設定してスタートさせた方が良いのです。

全額信託保全

FX会社を選ぶ上で絶対に抑えておきたいのは、
全額信託保全がされてるかどうかじゃないでしょうか。

今の世の中貧しさに負けた、
いいえ世間に負けて
それ何て言う枯れすすき?な状態です。

どんなに大手と言われてる所でも
苦しい所は苦しいんです。
いつ倒産しちゃうのかは分かりません。

FX会社も同様です。

いくら大手の所と言えども、
業績が悪ければたちどころに倒れてしまいます。

倒れてしまって、預けていた証拠金やら
何やら全部持ち逃げとかされたら、
たまったもんじゃ無いですよね。

そこで全額信託保全の出番です。
このシステムがある所だと
万が一倒産しちゃった場合でも、
FX会社に振り込んだお金が全部返ってきます。

今では義務化された事もあって、
ほとんどのFX会社に全額信託保全が適応されていますが、
詳細については一度問い合わせを。

長期的に安定して勝てるトレード

下降トレンドでここが底だろうと思って
ロングエントリーをするといったん下がって
安値更新してから急上昇した経験はありませんか?

大きなトレンドを形成するのは
指標等のファンダメンタルだと考えられますが、
大きなトレンドの中の小さなトレンドで
ヘッジファンドなどのプロの投資会社は
個人投資家のロスカットを狙って仕掛けてきます。
よく輩(やから)なんていわれてますね!

最近はデイトレード、スキャルピング等の
短期間でのトレードが主流となり、
個人投資家のストップロスが浅くなっているために
ロスカットされてから反転するという場合が増えています。

これを回避するためには
ストップに余裕を持たすより
タイトに設定し損失を限定するしかありません。

自分の想像のストップポイントは
常にロスカットされる危険性があると考えていれば
危険なポイントでのトレードも少なくなりますし、
ロット数も少なくなります。

長期的に安定して勝てるトレードをするようにしましょう!

あと、中々面白そうなブログを見つけたので紹介しておきます。
数値化すると読みが見えてくるFX
この題名だけでも面白そうでしょう!

5月のトレード

ようやく日中の日差しも
強くなってきたかなと思えるこの頃、

もうすぐ梅雨ですから体調管理は欠かせませんが、
最近夜中にトレードして外出するとかなり眩暈がします。
モニターの見過ぎはやはり目にはしんどいものだな。

今日はインターネットバンキングから
証拠金を追加、追証ではないですが、
ちょっと下げ幅がきつくなってきました。

余裕資金が無くなるまえに
手仕舞いかもしれない、
ちょっと焦りもありますし、
長く持ってきたポジションと
別れるのもつらいものがありますが、
もうちょっと進むと損切りができなくて
破滅的になる可能性も、やはり、、。

次回はバイナリートレードに挑戦か!
スイングもスキャルもごちゃまぜになっていますが、
どうしても大きく取れない、今日この頃です。

トレード史上2度目の パソコンの故障!

自己トレード史上2度目の
パソコンの故障が起こりました。

まさかと思っていた
まだ新しいパソコン、
モニターも全て新品で購入したのに、
1つだけネットワークカードが中古だから、、、

ここで登場したのが
知人から譲り受けた
旧型のパソコンです。

スペックは高いんです、
元々はかなり古いものですが
マザーボードも換装してますし
HDDも大容量、メモリも大容量版です。

実際は何故これを放置していたのか、
と悩んでしまうほど快調な動きを見せています。

新品で購入とはいえクラスは
Cクラスレベルですから、
個人でアップグレードすることの
価値はこれで思い知らされました。

もちろんFXトレードに
そのまま直結するわけではありませんが、
とにかくトレードルールの
アップグレードにも効果アリです。
お試しあれ!!

ブログ始めました。

実は最近フリーランスになりました。

IT系エンジニアとしての
フリーランスですから
大きく環境が変わった
わけではありませんが、
やはり報酬が増えたのはうれしいかぎりです。

ところでfxトレードは・・¥・
そうですね、レバレッジを倍に、
などとまでは調子はよくありません。

トレード自体が調子がよければの話です。

ただ残業が減ったことはかなりプラスに転じています。

就業先も家から近く、
夏場はこれで明るいうちに
帰宅できそうです。

小額でトレードしているのも気持ちのよいものです。

フリーランスといえばフリーランスが
2枚という感じもします。

どちらかで儲けたほうを取るか、
つまり専業トレーダーに一気になれるかどうか、
まさにこれからがトレードを本気で考える時期です。